最新の記事一覧

P-Flex™ 製造における 無電解銅めっき について
無電解めっきの反応について
エレファンテックではピュアアディティブ®法を実現するための方法として銀インクをシードとして、その上から無電解銅めっきをする手法を採用しています。この取り組みについてご説明します。
ファイル編集工程を100倍高速化した話
フレキシブル基板の製造には顧客から入稿されたファイルを製造用に変換・編集する工程があります。その工程を自動化するプログラムを開発し、手動だと15分程度かかっていた作業を10秒(約100倍)で処理できるようにしました。またファイル編集工程を生産管理システムに組み込むことで、基板製造用に作られる大量のファイルを簡単に管理できるようになりました。
【装置紹介】電子顕微鏡(SEM)
電子顕微鏡(SEM)
品質向上の取り組みとして、弊社で使用している分析装置や加工機について動画でご紹介します。
【フレキシブル基板にチャレンジ!】ロボットアーム編[3]:回路設計
ロボットアームの基板を作っていきます。フレキシブル基板を可動部に採用する上での注意点など。
製造業ベンチャーでソフトウェア開発と業務効率化をした話 – 導入編
エレファンテックでは、産業用FPCの生産を開始した2017年から一貫してソフトウェア開発を社内で行っています。「ハードウェアのスタートアップでなぜソフト開発をしているのか」「ソフトを自社で開発することでどんなメリットがあったのか」を紹介します。
【品質試験方法】耐屈曲性試験
耐屈曲性試験
エレファンテックでは、品質試験のひとつとして、耐屈曲性試験を行っています。実際に耐屈曲性試験を行っている様子を動画でご紹介します。
【P-Flex™ 制作事例】光るチョーカー – 制作&解説:きゅんくん
きゅんくん作:オリジナル作品「光るチョーカー」
「ロボティクスファッション」をキーワードに活動するクリエイターのきゅんくんさんにフレキシブル基板を使ったオリジナル作品「光るチョーカー」の制作過程の記事を書いて頂きました。
【フレキシブル基板にチャレンジ!】ロボットアーム編[2]:機体設計
ロボットアームを3Dプリンターで印刷します。個人でプラスチックのパーツを手軽に作れる良い時代です。
【フレキシブル基板にチャレンジ!】ロボットアーム編[1]:導入
次の製作物としてロボットアームを選択。フレキシブル基板と可動軸という定番コンビに手を出します。
技術開発のロードマップを更新しました。
2018/10ロードマップ
技術開発のロードマップを更新しました。エレファンテックはこれからも技術開発を推し進めていきます。
総集編:「フレキシブル基板にチャレンジ 電卓編」シリーズを一気に紹介
メンブレンスイッチ
「フレキシブル基板にチャレンジ」シリーズの総集編です。フレキシブル基板初心者の方にはとても参考になると思いますし既に読まれた方も振り返りながらあらためて読み返して頂けると幸いです。
「切り絵(切り紙)」に着想を得た – 伸びないフレキシブル基板が伸びる仕組み
伸縮する生体電極
フレキシブル基板の素材自体は伸縮することはできませんが、レーザーカッターを使用し切り絵(切り紙)の手法と組み合わせることで、伸縮する基板を実現しました。
フレキシブル基板 P-Flex PI の品質試験結果を追加しました。
品質試験
フレキシブル基板 P-Flex PI について「 耐薬品性試験」「 表面層耐電圧試験」「 高温放置試験」「 HAST試験」「 低温放置試験」「 高温浸せき試験」「 マイグレーション試験」の品質試験結果を追加しました。
初めてのフレキシブル基板「学ぶ」
FPCコネクタ
フレキシブル基板を初めて設計する前に「これだけは知っておいた方がいいよ」というポイントを3つ紹介します。耐久性・基板設計・コネクタについて学べば、リジッド基板の経験だけでフレキシブル基板を設計できるようになるはずです。
初めてのフレキシブル基板「もっと知る」
フレキシブル基板を使ったことがない人を対象に、事例紹介をすることでフレキシブル基板の具体的な利点と欠点そして用途を見ていきます。参考事例としてグローブ型デバイス、ヘッドマウントディスプレイ、エレファンテック製のセンサモジュールを紹介します。
初めてのフレキシブル基板「始める」
フレキシブル基板
フレキシブル基板を使ったことが無い人を対象に、フレキシブル基板とはどんな物でどのような特徴があるのかを「普通のプリント基板」(リジッド基板)と比較することで紹介します。
P-Flex 使用事例【asEars・後編(製品に組み込み)】
P-Flex 使用事例【asEars・後編(製品に組み込み)】P-Flexが asEars にどのように組み込まれているかを紹介したいと思います。
P-Flex 使用事例【asEars・前編(設計実装)】
部品のはんだ付け
片耳難聴者のコミュニケーションをサポートするメガネ型デバイス「asEars」のプロダクト開発にP-Flex を使用して頂いた高木健さんに記事を書いて頂きました。
【フレキシブル基板にチャレンジ!】ノートPC分解号[1]
パソコン分解
故障したノートパソコンを分解し、内蔵されているフレキシブル基板やFFCの用途を解説します。FFCの意外なメリットが判明します。
P-Flex検査仕様書を作成・公開しました
フレキシブル基板 
フレキシブル基板P-Flexの製造工程でどのような検査を行なっているかを記載した検査仕様書を作成・公開しました。
P-Flex製造仕様のアップデート(v5.0.1〜5.0.6)
フレキシブル基板 
P-Flexの製造仕様v5.0.1からv5.0.6の更新を紹介します。ポリイミド基材が追加されたv5.0.0の発表後、2018年7月から8月にかけて変更が多くありましたので、更新内容を一覧しつつ説明を追加しています。
【インタビュー】高木健さん
インタビュー高木健さん
メガネ型の片耳難聴者用補聴器「asEars」プロジェクトのリーダーの高木さんのインタビューです。弊社フレキシブル基板 P-Flex を実際に使って頂いた感想などを伺いました。
センサーモジュール(V0.5)
Sensor-module フレキシブル基板
エレファンテックでは、実際に品質や基板設計イメージをご確認頂くために、フレキシブル基板(FPC)を、無料で配布しています。
【フレキシブル基板にチャレンジ!】電卓編[13]:完成&お披露目
メンブレンスイッチ
失敗を繰り返しながらもついに電卓完成!「 完成した電卓と共に今回の製作の振り返りをします。」
フレキシブル基板 高温放置試験の結果をアップしました。
高温放置試験の結果
JIS C 60068-2-2 [環境試験方法-電気・電子-第2-2部:高温(耐熱性)試験方法]に従い、高温放置試験を行いました。
補強板を注文する前に準備すること
フレキシブル基板(FPC)を設計する際のリジッド基板と比べた大きな特徴として、補強板に関する設計があります。お客様からの質問も多いので、この記事に必要な情報をまとめます。
【フレキシブル基板にチャレンジ!】電卓編おまけ[12]:基板設計知見編
ジャンプ抵抗
フレキシブル基板にチャレンジ!シリーズで三枚目となるフレキシブル基板の設計を通じて得た基板設計の知見を紹介します。
補強板の素材の選び方〜ポリイミド・PET・ガラエポ〜
stiffener 補強板
フレキシブル基板では、FPCコネクタ部分の厚み合わせや部品実装部分を硬くする目的で、補強板と呼ばれる裏板をよく貼ります。この記事ではどのように補強板の素材を選ぶかを説明します。
【フレキシブル基板にチャレンジ!】電卓編[11]:疑似リフローに挑戦!
クリームはんだ
前回行ったはんだ付けのおまけとして、ステンシルを用いたはんだ付けを紹介します。意外と苦労した筆者の初めてのステンシルを用いたはんだ付け、その体たらくをお楽しみください。

カテゴリ別の記事一覧