最新の記事一覧

【プレスリリース配信】三井化学からアディティブマニュファクチャリングセンター長着任のお知らせ
miyao_hiroshi
エレファンテック株式会社は、2022 年 4 月 1 日付にてアディティブマニュファクチャリングセンター センター長に、三井化学株式会社から宮尾 宙(みやおひろし)氏が着任したことをお知らせします。
AMC(アディティブマニュファクチャリングセンター)のページを更新しました。(2021/01/28更新)
AMCのページを更新しました。AMCは、インクジェットによる革新的なAdditive Manufacturingの拡大と社会実装に向けてものづくりの可能性の拡張を加速させたいと考えています。
ファインテックジャパン ヘレウス株式会社様ブースにて描画サンプルを展示(展示会の報告追加しました)
ファインテックジャパン ヘレウス株式会社様ブース(ホール4「31-53」)にて、エレファンテック AMCのサービスが紹介されます。
SEMICON Japan2021 FLEX Japan ブース出展のお知らせ
エレファンテック ヘッドを前傾に搭載したIJ描画実験装置
エレファンテックは株式会社は、2021年12月15日(水)~ 2021年12月17日(金) 10:00-17:00 東京ビッグサイトサイトで開催される SEMICON Japan2021 FLEX Japan ブースに出展いたします。
実装フェスタ関西2021 ポスターセッション発表のお知らせ
エレファンテック ヘッドを前傾に搭載したIJ描画実験装置
2021年12月13日14日開催予定のエレクトロニクス実装学会「実装フェスタ関西2021」ポスターセッションにて、インクジェット技術を用いた当社の AMC(Additive Manufacturing Center) の最近の活動事例について発表します。
【プレスリリース配信】 Ni 電極・配線インクジェットプロセス開発と評価を開始
Niインクをバーコート塗布し無電解Cuめっきで積層したサンプルの断面
エレファンテック株式会社は、株式会社SSテクノ、地方独立行政法人大阪産業技術研究所と共同でインクジェット用Niナノインク開発及びNi電極・配線形成インクジェットプロセス開発に向けた評価を開始しました。
「インクジェット用 インク一覧表」掲載ページができました。(2021/08/04更新)
エレファンテック エレファンテック フレキシブル基板 
各金属ナノインクメーカーがネット上で公開している情報をまとめた「インクジェット用 インク一覧表」掲載ページができました。この表がIJものづくりの推進に役立てていただければと思います。
描画評価サービス のページをリニューアルしました。
描画評価サービス
描画評価サービスとはセイコーエプソン株式会社製R&D用インクジェット装置を用い、ご要望のインクジェット用インクをご要望の基材に印刷するサービスです。このたびページをリニューアルしましたのでお知らせします。
インク吐出評価 のページをリニューアルしました。
インク吐出評価 のページをリニューアルしました。IJで印刷できるための調整要素、IJものづくり立ち上げのチェックポイントのコンテンツを加えました。
【講演のお知らせ】『IJものづくり(PE含む)の第2の死の谷を越える』
IJものづくり(PE含む)の第2の死の谷を越える
『IJものづくり(PE含む)の第2の死の谷を越える』という演題で、インクジェットものづくりの、3D回路形成、センサー技術など最新のインクジェット技術の応用、及び、新規材料技術展開について講演をする予定です。
【IJ実験室 : レモンを吐出してみよう(2) 】どれくらいのレモン量がちょうど良い味?
リトマス紙にレモン汁を描画してみよう
【レモンを吐出してみよう】酸っぱさを感じるレベルをこのグラデーションで表現しました!微細な味覚のコントロールがインクジェットを使えば出来そうですね!
ピエゾ式のインクジェットヘッドの一覧表
解像度VS最小粘度
インクジェットによるものづくりを推進しているなかでインクジェットものづくりに使えるプリントヘッドの一覧表を調べられた範囲で情報を集め、整理してまとめてみました。
AMC(アディティブマニュファクチャリングセンター)のチラシが更新されました。(2021/02/12版)
AMC(アディティブマニュファクチャリングセンター)のチラシ
AMC(アディティブマニュファクチャリングセンター)のチラシが更新されました。(2021/02/12版)
4DFF発表報告「家庭用プリンターに対するUVインク硬化用LEDランプ搭載の試み」
改造を施したプリンター
2020年10月に開催されたConference on 4D and Functional Fabrication 2020(4DFF)で発表した「家庭用プリンターに対するUVインク硬化用LEDランプ搭載の試み」について報告します。
4DFF発表報告「家庭用プリンターに対するインク粘度調整用ヒーター搭載の試み」
改造したインクタンクを用いての印刷の様子
2020年10月に開催されたConference on 4D and Functional Fabrication 2020(4DFF)で発表した「家庭用プリンターに対するインク粘度調整用ヒーター搭載の試み」について報告します。
AMCが提供する IJものづくり開発の進め方
インクジェット印刷要素間調整相関図
エレファンテックは、インクジェット技術を活用した新しいものづくりを立ち上げるための仕組みの提供や後押しをし、多くの提携企業の皆さんと一緒に次世代製造ラインの立ち上げに貢献していきたいと考えております。
4DFF発表報告「機能性タンパク質から味や香りまで、機能性印刷におけるピエゾ式インクジェットヘッドの可能性」
光沢紙に描画した醤油
2020年10月に開催されたConference on 4D and Functional Fabrication 2020(4DFF)で発表した「機能性タンパク質から味や香りまで、機能性印刷におけるピエゾ式インクジェットヘッドの可能性」について報告します。
【AMC インタビュー :2 】Nature Architects 大嶋さんに伺う、AMC への期待(後編)
Nature Architects 大嶋さんに伺う、AMC への期待(後編):Additive Manufacturingが未来を作るために乗り越える壁とは何だろうか?
【AMC インタビュー :2】Nature Architects 大嶋さんに伺う、AMC への期待 (前編)
Nature Architects
AMC インタビュー:第二回目のゲストはNature Architects 代表取締役 / CEOの大嶋 泰介さんです。Additive Manufacturingの「ハマる」ポイントを中心にお話を伺いました。
ブログまとめ:バイオセンサー製造におけるインクジェットのいいところを考える(1)~(3)
フレキシブル基板 P-Flex
「バイオセンサー製造におけるインクジェットのいいところを考える」というテーマでお送りした「AMC始動」シリーズ第5回~第7回の記事を、まとめてご紹介します。
【インク吐出評価サービス ブログ : 6】インク吐出評価の撮影画像と評価項目についての解説
観察画像の解説図
インク吐出評価の項目について、インクジェットに初めて挑戦する方々むけに、詳しい解説をさせていただくことにしました。ご質問もお待ちしています!
「岡谷市・長野県の産業に インクジェットものづくりが 貢献する方法を考える」発表報告
岡谷市・長野県の産業に インクジェットものづくりが 貢献する方法を考える
「岡谷市・長野県の産業に インクジェットものづくりが 貢献する方法を考える」 発表報告(於:長野県工業技術総合センター「研究・成果発表会」)
ウェビナー「エレファンテックAMCが提供するIJものづくり開発の進め方と事例紹介」開催のお知らせ
11/30(月)15時~ ウェビナーを開催します。「エレファンテックAMCが提供するIJものづくり開発の進め方と事例紹介」
「Additive Manufacturing による新しいものづくり」ページができました。
シンボル印刷
「Additive Manufacturing による新しいものづくり」ページができました。 エレファンテックでは、デジタル的で造形自由度が高い特長を持つインクジェット印刷による新しいものづくりを推進していきます。
【IJ実験室 : 紙で折った鶴を自力で飛ばそう!(2) 】
紙で折った鶴を自力で飛ばそう!今回は紙の選定実験の報告です。片っ端から色んな種類の紙に印刷しまくりました!
バイオセンサー製造におけるインクジェットのいいところを考える(3)
フレキシブル基板 P-Flex
インクジェットのメリットは、スケーラビリティーに加えて、少量生産でもコストパフォーマンスが良いこと、形状のカスタマイズが容易であること、製造時の材料の廃棄物が少ないことなどをご紹介します。
バイオセンサー製造におけるインクジェットのいいところを考える(2)
インクジェット印刷を用いたセンシング分子の印刷が有利な点などを紹介します。
「Serial Production Meetup vol.03 – 既存の製造業をデジタルモノづくりにシフトさせるには」に参加しました
「Serial Production Meetup vol.03 – 既存の製造業をデジタルモノづくりにシフトさせるには」に参加しました
Additive Manufacturing によるものづくりは急速に発展しています。Additive Manufacturing を切り口としてFABとものづくりのこれからを語る、Serial Production Meetup に弊社杉本が参加した様子をご紹介します。
エレファンテックの目指す AM(アディティブマニュファクチャリング)とは
透明レジスト
エレファンテックでは、インクジェットによる革新的なアディティブマニュファクチャリングの拡大と社会実装に向けて、ものづくりの可能性の拡張を加速させたいと考えています。
バイオセンサー製造におけるインクジェットのいいところを考える(1)
バイオセンサー製造におけるインクジェットのいいところを「酵素を印刷するにはインクジェットでやるのが良さそう」「インクジェットの良さはデジタル製造技術だから」という両方の側面から説明します。

カテゴリ別の記事一覧