大型量産実証拠点(AMC名古屋)のご紹介

2019年10月に総額18億円の資金調達を実施し、昨年7月より賃借している三井化学株式会社名古屋工場内で大型量産実証拠点を立ち上げておりましたが、FPC P-Flex® を本年1月より試作品の製造・出荷を開始し、順次設備の調整を進めて 4月より量産製品の製造・出荷を開始しました。

生産能力は2021年に月産5,000㎡、その後設備を増設し2024年に月産20,000㎡を確保します。この増設分を含む設備投資金額は最大で14億円を見込んでいます。

世界で初めてのインクジェット印刷による電子回路の大型量産の実現、セイコーエプソン株式会社によるインクジェット技術の提供三井化学株式会社による場所と量産ノウハウの供与により、スタートアップの「量産の壁」を大企業の力を活用して突破することを目指します。

AMC名古屋の紹介

(動画より)

Elephantech Starts Operations at its Large Mass-Production and Research Complex
AMC名古屋外観
三井化学株式会社名古屋工場内にあるAMC名古屋は、正面は白とエレファンテックカラーの青が塗装され、玄関脇のエレファンテックロゴの看板が目印です。
印刷工程
銀インクを印刷し、銀インク層を形成するプロセスです。
画像はクリーンルーム内でインクジェット印刷(ロールtoロール)の様子です。
Plating line
めっき工程
印刷した銀インクの上に銅の層を形成するプロセスです。画像のめっき装置は全長30m にも及びます。

AMC名古屋概要

名称 AMC名古屋
所在地 愛知県名古屋市南区丹後通2丁目1番地 三井化学名古屋工場内
工場長 三輪 祐司
製造・出荷開始 試作品2021年1月、量産製品2021年4月
投資額 最大14億円
従業員数 稼働時点10名
建屋概要 建屋概要:延床面積約 2,600(㎡)、鉄骨三階建

AMC名古屋立ち上げの記録