伸びないフレキシブル基板が伸びる仕組み(1)

筒に巻きつい巴型構造を用いた伸縮性LEDランプ



近年、ウェアラブル機器など動的な応用用途における需要のため、フレキシブルプリント基板を伸縮・屈曲させる様々な方法が提案されています。
そこで当社では「巴型構造」による伸縮性基板を提案します。
フレキシブルプリント基板の素材自体は伸縮しませんが、巴型構造を用いて基板を伸縮させることが可能です。

下図を例に説明すると、伸ばそうとする外力が加わると、図において赤い枠のエリアが平面から起き上がることで、シート全体が伸びることができます。この基板は通常のフレキシブル基板同様、伸縮しても一定の抵抗値で、はんだ付けをすることも可能です。加えて、赤い枠のエリアを細長くすることによって、分厚い素材や硬い素材でできているシートでも、曲げやすくしたり、伸縮しやすくすることが可能です。分厚い素材にこの切り紙構造を適用して丈夫なフレキシブルな基板を作ることにも応用できます。
(※本件は開発品です。)

 

関連記事