【勉強会シリーズ:1】フレキシブル基板 設計勉強会(仮)の取り組み

エレファンテック株式会社では、月1回定期で「P-Flex™勉強会」をスタート

こんにちは!エレファンテック株式会社 技術営業の安部です。
エレファンテック株式会社では、月1回定期で「P-Flex™勉強会」をスタートいたしました。今後は【勉強会シリーズ】としてブログでご報告していきたいと思います。

エレファンテック株式会社「P-Flex™勉強会」とは
技術者を中心に、フレキシブル基板(FPC)の設計や、実装について「技術的な雑談」をする会です。
リジッド基板、フレキシブル基板 などのプリント基板設計経験がある方ならば、どなたでも参加可能となっております。雑談の上で発生した、設計・実装などのお困りや、フレキシブル基板 で使われている部品の選定情報などを共有する事でフレキシブル基板設計を行う技術者の支援コミュニティを作る事を目的としています。
第一回勉強会後報告
第一回目は8月31日(木曜日)、本郷三丁目のラボカフェで開催。
参加者は弊社フレキシブル基板(FPC) P-Flex™のユーザー様を中心として6名。
自己紹介の後に、P-Flex™で作られたフレキシブル基板(FPC)を実際に見ながら、お困り点 ・工夫点をざっくばらんに話す雑談する会となりました。

トピックを挙げますと
お困り解決!
「短いアールの曲げに対して半田付けがとれる」
とのお困り点を
「スリットを入れ、応力を逃して部品脱落を防ぐ。」というアイディアで解決しました!

P-Flex™の違い
実際のユーザー目線でのP-Flex™の利点も挙げていただきました。
「リジッドの温度センサ基板に比べ、P-Flex™の基材である耐熱PETは吸湿が無く、センサーデータにノイズが乗らない」」
「レーザーカッターでのカットなので、好きなだけカットを入れる事が出来、工夫によっては大きなメリットを生む可能性がある。」

今後の勉強会について
次回は9月25日(月曜日)を予定。場所は未定です。
利用ユーザー様に協力を頂いて、テーマとなるP-Flex™基板を持ってきて頂いて、お困り解消をベースに技術的な雑談ができればと思っています。
参加者の案件によっては、守秘義務もあるため、こうしたブログなどで開示できる情報はほんの1部です。上記以外にも設計に必要な多くの情報が共有されております。
現在、Facebook上で非公開グループとして活動しております。ご興味のある方は弊社HP、またはFacebookグループの方から参加希望をお願いします。

FPC設計勉強会(仮)
https://www.facebook.com/groups/227605877765072/

(安部 徹)