最新の記事一覧

「静電タッチセンサー電極」ページ更新しました。
静電タッチセンサー電極
透明度の高いPET基材と透明電極PEDOT:PSSを組み合わせることで透明度の高いタッチセンサー基板が製造可能
IME(In-Mold Electronics : インモールドエレクトロニクス)向け P-Flex®
IME(In-Mold Electronics)向け P-Flex®
電子回路が描画されたフィルムを3D成形したものと樹脂を一体成形する技術である IME(In-Mold Electronics / インモールドエレクトロニクス)向け P-Flex® について説明します。
銀塩化銀電極を使った 生体電極による筋電位測定
銀塩化銀電極を使った 生体電極
銀塩化銀電極を使った 生体電極は銅配線であるため電極までの抵抗値が圧倒的に低く部品実装も可能という利点があります。 実際にこの生体電極を使用して筋電位測定をするようすをご紹介します。
応用製品情報紹介 : P-Flex® カスタムフラットケーブル
フレキシブル基板 P-Flex® フラットケーブル
P-Flex® カスタムフラットケーブルは、インクジェットパターンニング及び型レス製造をしているため、ご要望に応じた形状やピン数のカスタムフラットケーブルを提供することが可能です。
透明静電容量式タッチセンサー
透明静電容量式タッチセンサー
透明電極(PEDOT:PSS)も対応可能:透明静電容量式タッチセンサー 動画の紹介
応用製品情報紹介 : 静電タッチセンサー電極
フレキシブル基板 静電タッチセンサー電極
フレキシブル基板を用いた応用製品について、今回は「P-Flex® カスタムフラットケーブル」「静電タッチセンサー電極」の紹介をします。
伸びないフレキシブル基板が伸びる仕組み(1)
フレキシブルプリント基板 が伸びる仕組み
エレファンテックでは「巴型構造」による伸縮性基板を提案します。 フレキシブルプリント基板の素材自体は伸縮しませんが、巴型構造を用いて基板を伸縮させることが可能です。
応用製品情報紹介 : P-Flex® PET で作る電気化学センサー
銀塩化銀電極を使った電気化学センサー
電気化学センサーとは、酸化還元電位を利用して状態を知ることができるセンサーです。フレキシブル基板を用いた P-Flex® PET で作る電気化学センサーを紹介します。
天の川切り紙構造による伸縮基板
フレキシブル基板 天の川切り紙構造による伸縮基板
レーザーカッターを使用し、天の川切り紙構造の手法と組み合わせることで、伸縮する基板を実現可能にしました。この伸びる基板は、伸縮しても抵抗値が一定で、はんだ付けをすることが可能です。
応用製品情報紹介 : 伸縮する生体電極
伸縮する生体電極
フレキシブル基板の素材自体は伸縮することはできませんが、レーザーカッターを使用し切り絵(切り紙)の手法と組み合わせることで、伸縮する基板を実現しました。
応用製品情報紹介 : インクジェット基板で作る生体電極
フレキシブル基板 生体電極
生体電極とは、心電図(ECG)、脳波(EEG)、筋電図(EMG)などを計測する用途に使われる電極です。フレキシブル基板を用いた生体電極を紹介します。
【インタビュー】メガネ型の片耳難聴者用補聴器「asEars」プロジェクトのリーダー 高木 健さん
インタビュー高木健さん
メガネ型の片耳難聴者用補聴器「asEars」プロジェクトのリーダーの高木さんのインタビューです。弊社フレキシブル基板 P-Flex を実際に使って頂いた感想などを伺いました。

カテゴリ別の記事一覧