弊社代表の清水が「日本版SBIR制度の見直しに向けた検討会」の委員に就任しました

弊社代表の清水が「日本版SBIR制度の見直しに向けた検討会」の委員に就任しました。

清水は、次のようにコメントしています。
「SBIR制度(中小企業技術革新制度)は、本来市場原理に任せていては起きにくい破壊的なイノベーションを起こすために政府が介入する制度として設計されたにも関わらず、日本でのスタートアップエコシステムの発達が遅れたことも相まって、設計意図とはかけ離れた制度になってしまっています。
それをイノベーションの現場の最前線で目の当たりにした人間の一人として、より破壊的なイノベーションを日本から生み出していけるような方向に持っていくために協力して欲しい、という熱意に共感し、本検討会への協力を決めました。」

「日本版SBIR制度の見直しに向けた検討会の設置について」の開催趣旨について

『諸外国の制度等も参考にしつつ、日本版SBIR制度を虚心坦懐に評価・議論し、求められる機能を再整理する。さらに、各府省庁の体制や制度等の各種制約を踏まえて、どのように新たな制度として落とし込んでいくか検討し、日本版 SBIR 制度の見直しに向けた、迅速かつ具体的なアクションプランをまとめることを目指す。』
(引用元:日本版SBIR制度の見直しに向けた検討会の設置について:資料4

日本版SBIR制度の見直しに向けた検討会 委員名簿
日本版SBIR制度の見直しに向けた検討会(第2回) 配布資料