日経新聞社に記事が掲載されました。『東大発スタートアップが仕掛けるプリント基板革命 』

本日の日本経済新聞に弊社代表 清水のインタビュー記事が掲載されました。

『清水社長は「回路のインクジェット印刷技術は早ければ10年後には主流となるはず。世界をけん引する要素技術の開発企業としてアンテナや太陽電池など様々な分野に応用を広げる」と力を込める。』(引用元:日本経済新聞)



記事に掲載されている写真の代表清水の背面に見えるのは、ロゴ入りの廃液タンクです。
弊社フレキシブル基板 P-Flex™ は従来のFPCに比べて廃液量は「10分の1以下」の環境にやさしい基板です。