フレキシブル基板導入のメリット

フレキシブル基板が導入される背景

フレキシブル基板の最大の特徴は、柔軟性があって曲げられることです。しかも曲げても電気的特性は変わらないため、狭い空間での利用が可能になり小型化、軽量化をはかることができ軽量化・省スペース化の切り札と言われています。
特にモバイル、車載などを中心に利用が急増しており、世界市場規模も2016年は1.7兆円から2022年には3.1兆円に拡大する予測がたてられています。

半面、フレキシブル基板は、取り扱いは難しく設計にも工夫が必要で使いづらく、製作費用もリジッド基板の3~5倍と開発コスト・調達コストが高いという問題があります。

薄いという長所は厚くできないという短所にもなりますし、曲げられるという長所は、剛性が無いという短所にもなります。

ただ、短所を理解した上で「リジッド基板では目的が達成できないことを実現できたりより優れた活用」のために、工夫しながらフレキシブル基板の導入が進んでいるのです。

フレキシブル基板のセンサーモジュール化

ハーネス・基板一体設計のセンサーモジュール化で、管理コストや調達コストを抑えることができるだけでなく、不良の原因や誤配線を減らし信頼性向上を図ることができます。

例えば、同じものを「リジッド基板+ハーネス」と「片面FPC P-Flex™ 」で作った場合を比較すると、見た目にも配線がシンプルになっているのがわかります。具体的には

  • 重量低減 12g → 1g
  • 図面低減 4枚 → 1枚
  • 部品点数低減 25個 → 14個

フレキシブル基板導入のメリット

フレキシブル基板に移行するメリット

片面FPC P-Flex™ で、ハーネス・基板一体設計のセンサーモジュール化することによって、部品点数削減、製造工数・メンテナンス費用削減、信頼性向上、軽量化、省スペース化をはかります。

プリンテッド・エレクトロニクス技術 片面FPC P-Flex™