マニュファクチャリングソフトウェアエンジニア

エレファンテックは、「新しいものづくりの力で、持続可能な世界を作る」というミッションの下に、環境負荷が少ない製法で作成可能な片面FPC P-Flex® の製造および販売をしているスタートアップです。

エレファンテックは、「必要な部分にのみインクジェットで金属を印刷し、さらにめっき技術で金属を成長させる」という独自の製造方法によって、フレキシブル基板の製造コスト・リードタイムの削減を実現し、試作や量産にも柔軟に対応しています。またこの手法を用いることによって原材料は従来の製造方法の1/3に、廃液量は1/10まで削減することができ、環境負荷を大きく減らすことができます。

2017年にP-Flex®をリリースしてから、順調に様々な顧客からお声掛けをいただいており、量産製造のための様々なシステムを開発しています。現在、量産技術開発のための実証実験を行う名古屋生産技術センター(愛知県名古屋市)の立ち上げを行っており、開発人員の増員を行っています。

業務内容

主に生産管理及び、製造設備の状態のモニタリングを行うシステムの開発を行ってもらいます。

近い将来には名古屋生産技術センターと八丁堀の二か所で製造を行うようになり、それに伴い製造設備や各種仕掛品も膨大になります。それらの情報を一か所に集積し可視化、分析、改善に役立てることができる基盤の仕組みを整えてもらいます。

ゼロから製造ラインを立ち上げて、それらの継続的な改善を行ったり、行うためのデータを収集するための基盤を整えるという経験はほかの場所ではなかなかできない経験です。エレファンテックの場合そもそも独自の製造方法なので、それゆえの試行錯誤も必要で、とてもやりがいがある仕事です。ソリューションの提供だけにとどまらず、実際にオペレーションの改善、そもそもの製造技術へのフィードバック等、製造現場の改善、自動化により深く携わることができます。

採用技術

Python
Django
Ansible
Fluentd
Raspberry Pi
Git/GitHub
AWS各種サービス
EC2
IoT
kinesis firehose 等

環境

職場環境

全員が目標に向けて動く、社内政治とは無縁のカルチャーです。我々のカルチャーを明文化したElephantech way を策定し、カルチャーをさらに磨きつつ、スケールアップを目指しています。

各自に判断が任されており、時間短縮のため細かい申請フローをたどる必要はありません。ソフトウェア業界にありがちな長時間残業などもなく、有給の申請を止められることもほぼありません。

開発環境

PCの種類・OS等は自由に選択可能です

物品購入

業務に関連する本の購入は自由。他所で行われているセミナー等にも業務時間中に行ってもらってもかまいません。

希望する応募者のタイプ

新しい知識やツールを自ら学習できること
他の社員とコミュニケーションを取って課題を発見・解決できること

募集条件

採用の際には、スキルと性格(希望する応募者のタイプに一致するかどうか)を重視します。年齢・国籍等は問いません。

必要条件

業務レベルのプログラム開発経験(1年以上)
ビジネスレベルの日本語能力

歓迎条件

電気・技術に対する興味
データ解析基盤の構築経験

雇用形態

正社員

試用期間3ヶ月(本採用時と同条件)

勤務地

八丁堀本社オフィス兼工場(東京都中央区八丁堀)

待遇

給与

経験・能力に応じて面談の上決定、年2回改定

入社時、昇進時にストックオプション付与あり

勤務形態

フレックスタイム制

休日

年間休日125日、完全週休二日制、弊社独自カレンダーによる休祝日、年次有給休暇、年末年始休暇、慶弔休暇等

社員からのコメント

ソフトウェアエンジニアリングマネージャー 野村 浩気

エレファンテックはハードウェアのスタートアップなので、ソフトウェアの仕事は想像しにくいと思います。ところが実際には Software is eating the world. という言葉が表す通り、ソフトウェアは全てのスタートアップにとって欠かせない要素の一つになっています。

例えば注文・生産管理プログラムはその例の一つです。紙やスプレッドシートで管理することには限界がありますが、一方でエレファンテックの製造方法は他のどの企業とも異なるため、既存のソフトウェアを購入して済ませることもできません。

また、エレファンテックの製造技術の特徴として、「少量多品種生産」に強いというものがあります。しかし、本当に製造技術だけで少量多品種生産は可能になるのでしょうか?実際には、注文ごとの製造データ編集、常時生産を続けている生産ラインへの製造パラメータ指示、生産に異常があったときの生産状況追跡といった作業がスムーズに行えて、初めて少量多品種生産が可能になります。そして、それは少品種の量産を前提にした既存の企業向けのソフトウェアでの対応は簡単ではありません。

結局のところ、新しい技術を開発するとその運用のためには周辺技術をたくさん開発する必要が出てくるのであり、それには化学系・機械系と並んでソフトウェアの開発も多く含まれるのです。(余談ですが、『コンテナ物語』は一つの技術開発がたくさんの技術の進歩を必要とする様子を詳しく描いていてとても共感しました。)

エレファンテックにおけるソフトウェアの必要性が伝わったでしょうか?今までに無いものを作ることに興味がある人を歓迎しています!

(ブログ)ソフトウェアエンジニアはどんな仕事?

エレファンテックでは、ソフトウェアエンジニアを募集しています。ソフトウェアエンジニアについてフランクに書いたブログ記事です。

ソフトウェアエンジニアはどんな仕事?

採用プロセス

  • 面談 1-2回(リモート or 弊社八丁堀オフィス)
  • 半日インターン(弊社八丁堀オフィス)

連絡先

清水信哉
代表取締役社長

履歴書の作成は不要ですので、氏名・職歴等の簡単な自己紹介を添えてこちらまでメールをお送りください。また、ご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。

会社概要

名称 エレファンテック株式会社
代表 代表取締役 清水信哉
設立 2014年 1月(2017 年 9 月 4 日にAgIC株式会社からエレファンテック株式会社に商号変更)
資本金 310百万円
社員数(非正規雇用を除く) 27名
本社所在地 104-0032 東京都中央区八丁堀四丁目3番8号
URL https://www.elephantech.co.jp
主な事業内容 プリンテッド・エレクトロニクス製造技術の開発、製造サービス提供
営業品目 自動車、製造装置、家電、OA機器、医療機器、モバイル機器、ウェアラブル機器、RFID、食品機械、航空宇宙産業部品

(2020年 1月現在)