エレファンテック技術ブログ【2017年人気記事ベスト5】

エレファンテック技術ブログをいつもご覧頂きましてありがとうございます。
2017年最後の記事は、総まとめとして「総滞在時間数」の結果をもとに【2017年人気記事ベスト5】をご紹介します。

ところで「エレファンテック技術ブログ【11月】人気記事 月間ベスト5」の記事では、
第一位から順に発表してしまいワクワク感がないというご意見を頂きました。確かにそうですね。と言うことで今回は第五位から順に発表いたします。

 

第五位

参加の技術者のみなさんでお困りを解決していく現地レポートは、読んでいても面白いです!「アイディアは意外と技術雑談の中から生まれる」ということが伝わってきます。
リジッド基板、フレキシブル基板にかかわらず基板設計をされている皆さまに、特にじっくり読んで頂けた記事だったのではないかと思いました。

【勉強会シリーズ:2】フレキシブル基板設計勉強会 第2回 – エレファンテック 技術ブログ

 

第四位

この記事はエレファンテック技術ブログの第一回目の記事ですが、当初から人気が高くページビュー数も多い記事です。
低温はんだに対する関心が高くなっているなか、オンラインでは記事はまだまだ少ないのでたくさんの方が「低温はんだ」のキーワードで検索されているのかもしれません。
『現在、弊社のPETベースのフレキシブル基板 P-Flex™ は、Lenovo社でも使われているような融点140°C台の低温はんだを用いて180°C程度でリフローする、というプロセスを採用し、十分にはんだ付けが可能となりました。(ブログ記事より)』
特にフレキシブル基板の部品実装に興味がある方にお勧めの記事です。

「低温はんだは壊れる」は昔の話!低温はんだとはんだの歴史

 

第三位

人気のフレキシブル基板初心者向けシリーズです。
『私はまだフレキシブル基板というものを知らなかった頃にとても不思議に思っていたのですが、ある日電子辞書を壊したら蝶番から茶色の基板のようなものが出てきて、初めて「こうやって繋がってるのか!」と驚いたことをよく覚えています。(ブログ記事より)』
プリント基板に詳しくない方向けに、リジッド基板とフレキシブル基板(FPC)との比較などを、体験談も織り込んでわかりやすく丁寧に説明している記事です。

フレキシブル基板(FPC)とは【初心者向け】

 

第二位

三浦先生の『今の(フレキシブル基板 P-Flex™の)話を聞くと、
基本的なやり方みたいなのががらっと変わるんじゃないかと
すごい楽しみにしています。
なので、そういう世界になったときに活躍できるエンジニアを育てるために
いちはやく使ってみたいな
(ブログ記事より)』
の言葉は本当に魅力的でした。動画の再生数も高い人気記事です。

【インタビュー】鳥取大学 三浦政司先生

 

第一位

やはり!この記事でしょう!堂々の第一位です。
フレキシブル基板のそれぞれの製造方法の違いの説明と、
「純粋に形成したい部分にだけ選択的に物質を積層していくという」弊社の新しい回路製造方法(ピュアアディティブ™法)が紹介されています。
まさに、フレキシブル基板 P-Flex™ の原点の記事です。

フレキシブル基板の製造方法の違い

 

2018年にむけて

以上【2017年人気記事ベスト5】のご紹介でしたがいかがでしたでしょうか。

エレファンテックでは、フレキシブル基板をたくさんの方に「知って・使って・活用して」頂けるよう技術情報を中心にいろいろな角度からこれからもブログ記事をどんどん発信していきたいと思っております。
このブログが少しでも皆様のお役に立てると嬉しいです。
ぜひ、2018年もどうぞよろしくお願いいたします!

ブログだけでなく、(下記URL)フレキシブル基板(FCP/FlexiblePCB)製造販売のエレファンテック株式会社のコーポレートサイトにもぜひお立ち寄りください。

www.elephantech.co.jp

最後になりましたが、皆様良いお年をお迎えください。