6月にアクセス率が上がった記事 ベスト3

最近、ベスト3シリーズの紹介をやっていませんでした(申し訳ありません)が、遅ればせながら 5月に比べて6月のアクセス率が上がった記事ベスト3 をご紹介します。奇しくも第一位から第三位まで、記事の中で動画を紹介しているものでした。文章だけでなく動画はよりわかりやすいのかもしれません。

記事を読み返し動画を見直すと結構味わい深いものがあります。
あらためてエレファンテックの技術記事は結構面白い!と思って頂けると嬉しいです。

第三位:銀塩化銀電極を使った生体電極による筋電位測定

生体電極は、心電図、脳波、筋電図などを計測する用途に使われる電極です。この記事では、エレファンテックの P-Flex™ で作る銀塩化銀電極を使った生体電極を使って、実際の筋電位測定をする動画をご紹介しています。

展示会などでも生体電極の展示をしているので、たくさんの方に興味を持って頂いたのだと思います。

第二位:【フレキシブル基板にチャレンジ!】電卓編[10]:基板実装リベンジ

もともと人気ブログシリーズの「フレキシブル基板にチャレンジ」ですが、この記事の中にあるクリームはんだを用いたはんだ付けの様子の動画はフレキブル基板のはんだに興味がある方は必見です。

第一位:段ボールに電子回路を印刷してLEDで光の画を描いた作品の紹介 – 岡室健さん

5月に出した記事ですが、6月のメールマガジンで紹介したこともあり爆発的にアクセス数が伸びました。
銀ナノインクが刷られている段ボールのキャンバス回路上に自由にLEDを置いて電気が通るボンドで両端をピッピッと留めると自由に絵が描けるという、面白い取り組みをデザイナーの岡室健さんが紹介しています。
(昨年秋に WeWork ギンザシックスで開催された Future of Intelligent Material 展 -電子デバイスの未来のカタチ- でのプレゼンテーションです。)

エレファンテックでは動画での情報発信を行っており似たようなテーマの動画を集めた再生リストを作成しています。併せてこちらの記事もぜひご覧ください。