エレファンテック ピックアップ情報 にようこそ

これまでの、技術ブログと、ニュースを統合して、新しくエレファンテック pickupsがスタートしました。
こちらでは、お知らせ、技術情報や、製品情報はもちろん、広く、有益な、そして面白い情報を発信していく予定です。

ぜひ今後ともよろしくお願いします。

最新の記事一覧

タカハタプレシジョン株式会社様サイトでIMPC®をご紹介いただきました。
IMPC (In-Mold Printed Circuit)
タカハタプレシジョン株式会社様のアライアンス事業ページで、弊社IMPC™をご紹介いただきました。
「PEDOT透明タッチセンサー」ページ更新しました。
PEDOT透明タッチセンサー
PEDOT透明タッチセンサーは、片面フレキシブル基板 P-Flex® PET の透明性を利用した製品で、自由な形状やデザインで作成可能です。自由なデザインを実現するために、光透過性、フレキシブル性、LED等電子部品実装を必要とするタッチセンサー電極の用途に適しています。
【学会発表のご報告】公益社団法人 自動車技術会(JSAE)秋季大会でIMPCについて発表
【学会発表のご報告】公益社団法人 自動車技術会が主催する2020年秋季大会(学術講演会)のエレクトロニクスセッションにて、弊社桑原がIMPCについて発表をいたしました。
【AMC名古屋】めっき装置の組み上げ完了
【AMC名古屋】AMC名古屋では全長30mに及ぶめっき装置の組み上げが完了し、動作試験を開始しています。
【特別講演登壇のお知らせ】『車載向け量産に向けて進む、金属印刷とインモールド成形技術の応用 と課題』
OHC
2020年日本MID協会 定例講演会において特別講演『車載向け量産に向けて進む、金属印刷とインモールド成形技術の応用 と課題』のテーマで弊社清水が登壇いたします。
【特別講演登壇のお知らせ】『インクジェット技術の産業応用への取り組みと展望』
長野県工業技術総合センター「研究・成果発表会」において特別講演『インクジェット技術の産業応用への取り組みと展望』のテーマで弊社杉本が登壇いたします。
【メディア掲載紹介】日本経済新聞:車の軽量化、回路が担う
日本経済新聞(2020年10月19日付)朝刊および日経電子版に弊社代表清水が取り上げられました。
【メディア掲載紹介】日刊ケミカルニュース:エレファンテック 日清紡メカトロニクスと自動車材で合意
オーバーヘッドコンソールの試作例
日刊ケミカルニュース(2020年10月14日付)に「エレファンテック 日清紡メカトロニクスと自動車材で合意」という記事で紹介頂きました。
【AMC名古屋】導通検査装置設置
導通検査をする装置
【AMC名古屋】導通検査装置設置
【メディア掲載紹介】Yahoo!ニュース:日清紡メカトロとエレファンテック、ADAS向け製品を共同開発
2020年10月10日15:00配信のYahoo!ニュースに、「日清紡メカトロとエレファンテック、ADAS向け製品を共同開発」という内容で記事が掲載されました。
独自の基板製造方法:ピュアアディティブ®法とは
ピュアアディティブ®法
ピュアアディティブ法:「必要な部分にだけ金属を印刷する」というエレファンテック独自の製法で、既存製法に比べて10数分の1の環境負荷で電子回路を作ることができます。
【メディア掲載紹介】化学工業日報:日清紡メカトロニクス-エレファンテック、ADAS車部品、樹脂と配線一体、低コスト・23年量産へ
2020年10月8日付、化学工業日報に「日清紡メカトロニクス-エレファンテック、ADAS車部品、樹脂と配線一体、低コスト・23年量産へ」という内容で記事が掲載されました。
【メディア掲載紹介】fabcross:エレファンテック、ADAS搭載車向け成形部品の開発で日清紡メカトロニクスと基本合意を締結
IMPCの技術
2020年10月8日付 fabcrossに「エレファンテック、ADAS搭載車向け成形部品の開発で日清紡メカトロニクスと基本合意を締結」 というタイトルで記事が掲載されました。
【メディア掲載紹介】日刊自動車新聞:日清紡メカトロニクスとエレファンテック、ADAS車向け開発で協業 樹脂と電子回路一体開発
日刊自動車新聞(2020年10月8日付)に「日清紡メカトロニクスとエレファンテック、ADAS車向け開発で協業 樹脂と電子回路一体開発」という記事で紹介頂きました。
【プレスリリース配信】日清紡メカトロニクスとエレファンテック、IMPC®技術を用いたADAS搭載車向け成形部品の開発について基本合意
日清紡メカトロニクスグループの射出成形技術と、エレファンテックのIMPC™技術とを組み合わせ、樹脂と配線・機能が一体化した車載用各種成形部品の開発を加速します。
「Serial Production Meetup vol.03 – 既存の製造業をデジタルモノづくりにシフトさせるには」に参加しました
「Serial Production Meetup vol.03 – 既存の製造業をデジタルモノづくりにシフトさせるには」に参加しました
Additive Manufacturing によるものづくりは急速に発展しています。Additive Manufacturing を切り口としてFABとものづくりのこれからを語る、Serial Production Meetup に弊社杉本が参加した様子をご紹介します。
P-Flex® PET で作る平面Wi-Fiアンテナ ページできました。
P-Flex® PET で平面Wi-Fiアンテナ
株式会社 パナソニック システムネットワークス開発研究所様と共同実験の結果 P-Flex® PETで作る 平面Wi-Fiアンテナは、実験ではアンテナ効率-2dB以上を達成
【AMC名古屋】廃液タンク
AMC名古屋 廃液タンク
エレファンテック AMC名古屋のプラントも着々と工事が進んでいます。
【採用情報】郵便局でポスター広告!開始します!(岐阜エリア)
弊社名古屋工場でのフレキシブル基板製造スタッフの採用ポスターが、9月28日月曜日から4週間、岐阜エリアの下記6箇所の郵便局で掲示されます。
IMPC®(In-Mold Printed Circuit)とは
Wi-Fi Antenna
IMPC® とは部品全体での一体化・最適化を提供する設計・製造ソリューションです。樹脂と回路を一体化してより広い範囲での最適化設計が行えるため、軽量化、薄型化、コスト低減等の様々なメリットを実現できます。
P-Flex試作検査仕様書のアップデート(v2.0.0)
P-Flex試作検査仕様書_v2.0.0
P-Flex試作検査仕様書がv2.0.0に更新されましたので、変更点をご紹介します.
P-Flex 試作仕様書のアップデート(v6.0.0)
P-Flex 試作仕様書が6.0.0に更新されましたので、変更点をご紹介します。 詳細はP-Flex試作製造仕様のページをご覧ください。
エレファンテックの目指す AM(アディティブマニュファクチャリング)とは
透明レジスト
エレファンテックでは、インクジェットによる革新的なアディティブマニュファクチャリングの拡大と社会実装に向けて、ものづくりの可能性の拡張を加速させたいと考えています。
【AMCセンター長の気ままなブログ : 3】三次元回路形成技術の特徴
三次元回路形成技術
IMPC(In-mold Printed Electronics)で使われている三次元回路形成技術についての特徴や、MID(Molded Interconnect Device)および 直接回路形成法について説明します。
バイオセンサー製造におけるインクジェットのいいところを考える(1)
バイオセンサー製造におけるインクジェットのいいところを「酵素を印刷するにはインクジェットでやるのが良さそう」「インクジェットの良さはデジタル製造技術だから」という両方の側面から説明します。
【インク吐出評価サービス ブログ : 5】インクジェットヘッド方式について
インクジェットヘッド方式(サーマル式とピエゾ式)のそれぞれの特徴。ピエゾ式のエプソン製のPrecisionCoreヘッドを使ったインク吐出評価についてお話します。
AMC始動ブログまとめ(第1回~第4回)
AMCの始動にあたり、エレファンテックがバイオセンサーにまつわるきっかけとなったストーリーを紹介するブログシリーズ。 第1回目から第4回目までのまとめをご紹介していきたいと思います。
【採用情報】駅張り広告開始します!(名鉄大同町駅・犬山駅・太田川駅)
駅張りポスターが9月14日月曜日から4週間掲示されます。フレキシブル基板製造スタッフ 募集中!
【インク吐出評価サービス ブログ : 4】インクジェット吐出に関わる物性について
インクジェット吐出に関わる物性値
インクジェット吐出評価での物性(粘度、表面張力、密度、音速、体積弾性率)についてご説明します。
バイオセンサーと酵素:AMC始動(4)
複数の機能性タンパク質を印刷している例をご紹介。インクジェット印刷は、非接触で印刷できる、デジタルマニュファクチャリング等の特徴があり、機能性タンパク質のインクの印刷にも向いている、というお話。

カテゴリ別の記事一覧