ワンストップ試作サービス ご注文の前に

7月4日にワンストップ試作サービスを開始してから、ありがたいことにたくさんのお問い合わせをいただいています。

ワンストップ試作サービスの開始によって注文できる内容が増え、また技術開発に伴って様々な選択項目が増えた結果として、より需要に合ったサービスを提供できるようになった反面で、複雑になり分かりにくくなった側面もあります。

そこでこの記事ではワンストップ試作サービスの概要を紹介し、お見積・ご注文の前のチェック項目を挙げることで、サービスの内容がより理解できるように説明をします。

「ワンストップ試作サービス ご注文の前に」というページに、この記事の簡単なまとめがありますのでそちらもご利用ください。

サービス概要

ワンストップ試作サービスはその名の通り、エレファンテックのフレキシブル基板 P-Flex を設計から部品実装までワンストップで注文することができるサービスです。

これまでエレファンテックでは基板の製造のみを行っていたため、注文する方はまず自分で基板設計をして、基板を受け取った後に実装する、もしくは実装してくれる会社を探す必要がありました。

このサービスでは後述する必要データを揃えていただければ、設計・製造・部品実装を全てエレファンテックに注文できるので、より便利にご利用いただけます。

一方で設計や部品実装が不要な方もご注文いただけますので、その場合の価格や納期はお問い合わせください。

チェック項目

1. 注文するサービス

まずは「アートワーク設計」「FPC製造」「部品実装」の内、どのサービスを注文するかをご確認ください。

アートワーク設計は回路図から基板を設計する作業なので、注文する場合は基板の外形データと回路図が必要です。注文しない場合は基板アートワークデータ(通常はガーバーデータ形式)が必要になります。

次にFPC製造ですが、これは必須のサービスです。アートワーク設計のみや部品実装のみなどのご注文は受け付けておりませんのでご注意ください。

部品実装を注文する場合は部品表と実装指示が必要になります。ダウンロードページから部品表をダウンロードしてご利用ください。

ちなみに、アートワーク設計は回路の複雑さによって納期が異なるため、一律で◯日という納期は定めていません。ウェブサイトに記載されている納期は、アートワーク設計が終わりお客様の検図が終了した時点からの日数です。ご注意ください。

2. オプション

選択できる主なオプションとして、Ni-Auめっき(ニッケル金フラッシュ)と部品調達代行の二つがあります。

また、その他にも製造仕様のオプションとして最小パターン間隔150 μm(通常200 μm)と、銅膜厚6 μm(通常3 μm)があります。いずれも追加納期と費用(もしくはいずれか)が必要になります。

Ni-Auめっきはコネクタ挿入部などによく利用されます。追加費用は270 x 180 mmのシートあたり3,000円という計算になっていることにご注意ください。エレファンテックでは基板を270 x 180 mmのシートに面付けして製造しており、Ni-Auめっきはシートごとに行うためこういう追加費用になっています。

部品実装をご注文される場合、部品をご支給いただくこともできますが、追加納期なしで部品調達代行オプションを利用していただくこともできます。ただし調達代行できる部品は、納期の関係でRSコンポーネンツまたはチップワンストップで即日出荷のもののみであることにご注意ください。

注文仕様書

ワンストップ試作サービスの概要からオプションまでのご紹介をしましたが、実はこれらのオプションは注文仕様書というエクセル形式のファイルに列挙されています。

ダウンロードページから「ワンストップ試作サービス 注文仕様書」をダウンロードし項目を埋めていただくと、全ての項目について漏れなくご発注いただけます。

発注書ではありませんので、注文する際だけでなくお見積やその他のお問い合わせにもご利用いただくと対応がスムーズです。ぜひご活用ください。不明な点がありましたら空欄のままにしてご連絡いただいても問題ありません。