フレキシブル基板の世界市場規模(2017 – 2026)

世界のフレキシブルプリント回路基板(FPCB)市場について調査結果によると、2018年から2026年にかけての同市場規模は平均年成長率は11.80%増で推移しフレキシブルエレクトロニクスの世界市場規模は2017年約1.5兆円から、今後2026年には約4.2兆円(※1)へ拡大すると予測されています。幅広く導入が進みそうです。(※2)

特に車載系では車両1台に搭載されるセンサー数も増加し、これらのセンサーを搭載するモジュール部分やそれらのデバイスや制御・ドライバ機能などを集約化するECU(Electronic Control Unit)向けのセンサーモジュール基板などに今後ますますフレキシブル基板の需要が拡大していくと思われます。(※3)

(※1):1ドル=110円で換算
(※2):https://www.transparencymarketresearch.com/flexible-printed-circuit-board-market.html
(※3):2016年以降の電子回路業界に大きな影響を与えるアプリケーション動向を探る

コメントを残す